2010年04月07日

ダイナースクラブの空港ラウンジサービス対象空港数が増加

ダイナースクラブは、2010年3月1日付けで、同カードブランドの空港ラウンジサービス「クラブラウンジ」の対象ラウンジ情報を更新しました。

ダイナースクラブは、これまでにも、

2008年10月1日付けで、イギリス国内19ヵ所の空港ラウンジを、
2009年6月1日付けで、シンガポール国内空港やメキシコ国内9空港のラウンジを

ラウンジサービス利用対象に加えるなど、クラブラウンジの拡充を図ってきました。

今回の改定では、対象空港をこれまでよりも、海外8空港を追加することで、対象空港ラウンジは、海外82空港120ヵ所となりました。(国内は27空港35カ所のまま)

今回、対象となった空港には、米国ロサンゼルス空港ならびにドイツ・フランクフルト空港が含まれており、利便性が拡大しました。

ただ、クラブラウンジの対象空港には、いまだにホノルル空港や仁川空港、ニューヨークJFK空港など、米国の利用頻度の高い空港は含まれていません。

クラブラウンジの対象空港・ラウンジ詳細はこちら≫




なお、ダイナースクラブは、2010年4月1日付けで、「国内クラブホテルズ」「レストラン優待券」の優待対象店舗の情報も更新しています。

ダイナースクラブならではの、プラチナ級サービスである「国内クラブホテルズ・スイートルーム優待券」(平日50%オフ)については、これまでよりも一つ少ない27ホテルが対象となっています。

さて、スイートルーム優待サービスについては、ダイナースクラブのライバル「アメリカン・エキスプレス」も、2010年9月30日までの期間限定で、
「アメリカン・エキスプレス・セレクト スイートルーム・プラン」を実施中です。

こちらのプランでは、対象ホテル数が48と、期間限定ですが、ダイナースクラブを超える優待サービス(割引率は50%以上)となっています。

主要ゴールドカードの空港ラウンジサービス情報はこちら≫



posted by カード比較の達人 at 05:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイナースクラブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月17日

ダイナースクラブのサービスが向上!

プレミアムカードの代名詞「ダイナースクラブ」が、ここ数ヶ月の間に、サービスの充実化を進めています。

まず、ダイナースクラブのユニークな特長である、国内外の空港を利用対象とするクラブラウンジです。
2007年は、利用対象とする国内空港ラウンジ数は増加した反面、同伴者料金有料化や、イギリス・ドイツ・韓国を含む海外5ヵ国の空港ラウンジサービス終了といったマイナス面が気になりました。

ところが、ここ数ヶ月の間に、2008年9月1日に開設した長崎空港ラウンジ「アザレア」を加えて国内クラブラウンジを26空港としたほか、海外においても、クラブラウンジサービス対象空港をこれまでの46空港から50空港に増加させました。

また、ダイナースクラブのもう一つの有力な特典である、クラブポイントのマイレージ移行対象プログラムに、ユナイテッド航空「マイレージプラス」と大韓航空「スカイパス」を加えています。

その他、ビジネス面でも、国内外のビジネスラウンジを無料で利用できるリージャス・ビジネスワールドゴールドカード(通常年会費33,000円)への3年間無料登録や、

全国67ヶ所の直営宿泊施設や国内外4,000以上のホテルやゴルフ場、アミューズメント施設での優待割引特典のほか、コナミスポーツクラブ(全国に約350施設)をはじめとする提携スポーツクラブを月会費無料の「都度会員」料金で利用可能できる、リゾートソリューション株式会社提供ライフサポート倶楽部への無料自動入会特典もスタートしています。

なお、ダイナースクラブカード(一般)は、2008年10月1日より10月31日まで、通常の初年度年会費無料キャンペーンに、10クラブポイント(1,000マイル相当)がもらえる特別入会キャンペーン(利用条件付)を実施しており、入会申込も増加しています。

また、ノースウエスト・ワールドパークス/ダイナースクラブカードも、通常の初年度年会費無料+最大10,000マイルのボーナスに加えて、さらに2,000マイルのボーナスがもらえる入会キャンペーン(〜10月31日)も実施中であり、こちらも注目です。
posted by カード比較の達人 at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイナースクラブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月19日

3,000マイル相当のポイントがもらえるダイナースクラブカード入会キャンペーン

ダイナースクラブ」は、アメリカン・エキスプレスと双璧をなすプレミアムカードとして、ゆとりのトラベル&エンターテイメントサービスを提供しています。

数多くのダイナース優待特典の中でも目を引くのが、最高1億円補償の海外旅行保険や、ダイナースクラブが国内25空港33カ所を含む世界約100ヶ所に設置している「クラブラウンジ」(空港ラウンジサービス)です。

このラウンジサービス数でダイナースクラブと張り合える潜在能力をもつカード会社は、今のところ(独立系ラウンジサービスプログラム「プライオリティパス」への入会特典をつけるという方式を除いては)、アメリカン・エキスプレスしかありません。

というのは、国際カードブランド提供元かつグローバルなカード発行元でもあるカード会社は、ダイナースクラブ(シティカード)とアメリカン・エキスプレスInc.、ジェーシービーの3社しかなく、そのうち、ジェーシービーは、まだグローバルな自社ネットワークを構築を完了していないからです。
#VISAとMASTERはカードブランドを発行しているだけ。

日本発行のアメリカン・エキスプレス・カードの空港ラウンジサービスは、日本人の利用機会の多い空港を厳選して、対象ラウンジ全てで同行者1名無料としており、量よりも質的なポリシーをとっていますから、現時点で、カード会社単体でダイナースクラブに張り合うようなラウンジサービスを提供するカード会社は現れようがないということになります。

もう一つ、グローバルネットワークをもつダイナースクラブならではといえるのが、ポイントのマイレージ移行提携航空会社の多さです。

ダイナースグローバルマイレージ(年間参加料4,200円)に参加すると、ダイナースクラブカード(一般)利用10,000円=1Pで獲得したクラブポイントを、10P=1,000マイルで提携航空マイレージへ移行できます。

【提携5航空会社】
全日空『ANAマイレージクラブ』(スターアライアンス)
・アメリカン航空『アドバンテージ』(ワンワールド)
・アリタリア航空『クラブ・ミッレミリア』(スカイチーム)
ノースウエスト航空『ワールドパークス』(スカイチーム)
・タイ国際航空『ロイヤルオーキッドプラス』(スターアライアンス)

とくに、年間参加料4,200円だけで、ANAマイレージクラブに10,000円利用=100マイルの高レートでマイレージ移行できるのは魅力です。

さて、このダイナースグローバルマイレージに関連して、

『ダイナースグローバルマイレージ初年度参加料無料&30クラブポイント(3,000マイル相当)プレゼントキャンペーン』がスタートしています。

◇キャンペーン期間:
2008年3月31日受付分まで

◇キャンペーン適用条件:
キャンペーン専用ページからダイナースクラブカードに入会し、2008年7月下旬のご利用代金のご請求(2008年8月11日引き落とし分)までに30,000円以上のカードのご利用の方。

◇キャンペーン対象カード:
ダイナースクラブカード(一般カード)
ANAダイナースカードノースウエスト・ワールドパークス/ ダイナースクラブカード、その他提携カードは本キャンペーンの対象外。

なお、新規入会後、2008年7月下旬のご利用代金のご請求(2008年8月11日お引き落とし分) までのカードご利用金額の合計が30,000円以上の方は、カード年会費(通常15,750円)も初年度無料になりますから、ダブルでおとくです。

ダイナースグローバルマイレージ入会キャンペーンならびに、ダイナースクラブカードの詳細情報はこちら>>

ちなみに、ライバルのアメリカン・エキスプレス(プロパー)のポイントは、トラベラーズ特典(年参加費3,150円)に参加すると、提携8航空会社(JAL、ANA、チャイナエアライン、デルタ航空、ヴァージンアトランティック、タイ国際航空、キャセイパシフィック、シンガポール航空)のマイレージプログラムにカード利用100,000円=1,000P=1,000マイルのレートで移行することができます。

アメリカン・エキスプレスは、ダイナースクラブカードよりも1,050円安い年間参加費でより多くの航空マイレージプログラムへダイナースと同一レートで移行できます。
ただし、JALおよびANAへのマイレージ移行に限っては、それぞれ別途に9,000円ならびに5,250円の追加参加費を支払わなければならないので、JAL/ANAへのマイレージ移行は、実用的であるとはいえません。

posted by カード比較の達人 at 07:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイナースクラブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。