2008年09月06日

2008年7-8月期の人気ゴールドカードランキング

「アメックス系ゴールドカードが躍進」

夏休みの海外旅行シーズンを反映してか、海外でのステータス度や優待割引網に秀でるアメックス系のゴールドカードが軒並み入会申込者数を増やしました。

とくに、GE Moneyゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード(2位)、セゾン・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード(3位)、セゾン・ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード(4位)など、アメリカン・エキスプレスのプロパーカードよりも、おトク感があるアメックス提携カードの躍進ぶりが目立ちます。

もれなく1,000円分のポイントがもらえる期間限定入会キャンペーン(2009年1月31日)を開始したアメリカン・エキスプレス・カードも6位に順位を上げています。

なお、空港ラウンジサービス+誕生月ポイント2倍+年会費3,150円のお手頃ゴールド「NICOSプレミオ」が今回も1位をキープしてしました。

2008年7-8月期のゴールドカード人気ランキング
1位(1←1←1) NICOSプレミオ
2位(14←12) GE Moneyゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード
3位(9←7) セゾン・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード
4位(8←9) さくらJCBゴールドカード
4位(10←9) セゾン・ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード
6位(1←3←9) UFJプレミオ
6位.(3←3) シティ エリート
6位(6←5) ダイナースクラブカード
6位(14) シティ ゴールド
6位(14) アメリカン・エキスプレス・カード
11位(3←5) 楽天プレミアムカード
11位(10) ANAダイナースカード
11位(16) MUFGゴールドプレステージ
11位(16) スヌーピープレミオ
posted by カード比較の達人 at 05:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 人気ゴールドカード月間統計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月18日

ゴールドカード人気ランキング(10-11月統計)

ゴールドカード比較の達人」では、申込ベースでのゴールドカード人気ランキング統計を1〜2ヶ月毎に集計して発表しています。

クレジットカード人気はその時々の入会キャンペーンに大きく左右されます。

2007年当初から1位をキープし続けてきたUFJプレミオ(年会費3,150円)は9月30日に初年度年会費無料キャンペーンが終了した影響で、10-11月度はとうとう首位から陥落しました。その一方、通常年会費6,300円ながら、初年度年会費無料キャンペーン継続中のシティエリートが1位に上り詰めました。

また、10月から、カード入会+入会後のカード利用におうじて最大6,000円分のギフトカードとポイントがもらえる入会キャンペーンをスタートし、9-10月度5位に浮上したDCゴールドカードヴァンは、10-11月度も5位をキープしています。

1位 シティエリート:6,300円の割安年会費で上位クラスのシティゴールドカードに準ずる特典が得られるハイコストパフォーマンスカード。カードフェイスもスマートです。

2位 NICOSプレミオ:3,150円の割安年会費ながら空港ラウンジサービス付き+海外旅行保険の補償額も充実+誕生月ポイント2倍。「スマイルクラブ」(年会費3,150円)に登録すると、カード利用1,000円につきJAL12.5〜14.25マイルが貯まります。

3位 UFJプレミオ:NICOSプレミオとほぼ同一特典ながら、海外旅行保険で劣ります。ただし、入会後のカード利用に応じて、最大JAL7,000マイル分に交換できるポイントがもらえます。※「スマイルクラブ」登録はできません。

4位 三井住友VISAヤングゴールドカード20s(年会費3,150円※初年度半額):空港ラウンジサービスはないものの、「マイペイすリボ」登録すると、翌年度以降も年会費半額で使えるうえ、ポイント2倍。30歳以降は三井住友VISAゴールドカードへ自動切換されるヤングゴールドカードの定番。

5位 三井住友VISAゴールドカード:国内VISAブランドを代表するステータスカード。しかも「マイペイすリボ」登録で年会費5,250円+ポイント2倍に。

5位 DCゴールドカードヴァン(年会費3,150円):入会キャンペーンも魅力のヤングゴールドカード。30歳以降は、国内カード会社では、最も入会基準を高く設定しているDCゴールドカードに自動更新。

7位 アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード(年会費27,300円):初年度から高額な年会費がかかるにもかかわらず、つねにベスト10には入る人気No.1のステータスカード。11月からカードタイプのオリジナルUSBメモリがもらえる入会キャンペーンも始まり、人気が高まっていきそうな様子です。

7位 ダイナースクラブカード(年会費15,750円※初年度無料):世界初のクレジットカードとしての伝統の格式を備えたスーパーゴールドカード。入会基準が最も高いカードながら、初年度年会費無料キャンペーン中なので、トライする方も多いです。

7位 セゾン・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード(年会費21,000円):お手ごろ価格でプラチナサービスを提供するハイコストパフォーマンスカード。限定プレミアム優待特典「オントレ」など、知れば知るほど驚きの実力を秘めた一枚です。

posted by カード比較の達人 at 07:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 人気ゴールドカード月間統計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。