2011年03月30日

主要ゴールドカードの特長をポイント解説!

2010年6月施行の改正貸金業法による総量規制は、クレジットカード業界に自社カードをメインカードとして利用してもらうためのサービス競争に引き起こしています。

ゴールドカードのサービス拡充競争
とくに、2009年以降、クレジットカード各社は、(年会費1万円以上)の主力ゴールドカードのサービス拡充を進めています。

【最終更新日2013年7月30日】

1.JCBゴールド
・ショッピング利用合計金額が2年連続で100万円以上の会員を対象に、「JCBゴールド ザ・プレミア」会員として、プライオリティ・パスへの無料入会をはじめとしたプラチナ級特典を提供。
初年度年会費無料かつ大型入会キャンペーンを継続実施中

2.アメリカン・エキスプレス・カード
プログラム年度(毎年7月1日〜翌年6月30日)のカード利用合計額が200万円を超えた会員を対象に、プライオリティ・パスへの無料入会をはじめとした準プラチナ特典「クラブ・プレミアム・プラス」を提供。 ※2013年6月30日をもって新規会員の受付は終了
・空港手荷物無料宅配サービスを従来の復路のみから往路・復路に拡大
・空港ラウンジサービス(同行者1名まで無料)の国内対象空港を従来の14空港から28空港に拡大

3.シティ ゴールドカード
・世界各国のシティが提供する多彩な優待サービス「シティバンク ワールドプリビレッジ」の拡充。
・ダイナースクラブ会員向けの高級ホテル・レストラン優待サービスをシティ ゴールドカード会員にも解放する「シティ プリヴィレッジ」
全国600のレストランで最大20%キャッシュバックする「ダイニング キャッシュバック」(通常年会費5,250円)の無料提供 ※2013年9月30日をもって終了

4.三井住友VISAゴールドカード
・海外旅行保険の補償内容の充実化
・ハーツNo.1クラブゴールド(通常年会費5,250円)への無料入会
・ポイントの有効期限を3年間に拡大
・初年度年会費無料&ギフトカードプレゼントの大型入会キャンペーン

5.ダイナースクラブカード
・「リージャス・ビジネスワールド・ゴールドメンバーシップ」(通常年会費60,4800円)が初年度無料
・スマートなレストラン代行予約サービス「ダイナースクラブ・サインレススタイル」
・厳選レストランの所定のコースメニューを2名様以上で予約すると、1名様分が無料になるプラチナ級特典「ダイナースクラブ・エグゼクティブ・ダイニング」(通常サービス利用料5,250円)を2010年度は無料サービス
全国600のレストランで最大20%キャッシュバックする「ダイニング キャッシュバック」(通常年会費5,250円)の無料提供 ※2013年9月30日をもって終了

6.アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
・プログラム年度(毎年7月1日〜翌年6月30日)のカード利用合計額が200万円を超えた会員を対象に、プライオリティ・パスへの無料入会をはじめとした準プラチナ特典「クラブ・プレミアム・プラス」を提供。 ※2013年6月30日をもって新規会員の受付は終了
・空港手荷物無料宅配サービスを従来の復路のみから往路・復路に拡大
・空港ラウンジサービス(同行者1名まで無料)の国内対象空港を従来の14空港から28空港に拡大
・海外旅行時の航空便遅延費用保険(最高4万円補償)を追加

7.セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード
・海外旅行からの帰国時の手荷物無料宅配サービス
・アメリカン・エキスプレス・プロパーライクな券面にリニューアル
・「リージャス・ビジネスワールド・ゴールドメンバーシップ」(通常年会費55,440円)が初年度無料
・優良会員には、プライオリティ・パスへの無料入会&コンシェルジュサービスで人気のハイコストパフォーマンスカード「セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード」(年会費21,000円)へのインビテーション

で、どれが一番お得なゴールドカードかですが。。。

オールラウンドに一番お得というゴールドカードはありません。
オススメなゴールドカードは、どういう風にカードを利用するかによって変わってきますので、ゴールドカード選びの簡単なヒントをコメントしておきます。

ゴールドカード選びのヒント

1.JCBゴールド
国内利用がメインで年間100万円以上利用するのならば、「JCBゴールド・ザ・プレミア」へのサービスが提供されるJCBゴールドのコストパフォーマンスは圧倒的です。国内向けT&Eサービスや日々の暮らしでお得な優待特典「JCB ORIGINAL SERIESパートナー」など、国内利用でのメリットの高さはピカイチ!日本独自デザインを備えている点も、JCBゴールドの特徴です。
JCBゴールド徹底解説はこちら≫



2.アメリカン・エキスプレス・カード
海外渡航の機会もあり、年間利用が200万円以上になるなら、アメリカン・エキスプレス・グリーン・カード。世界最高のステイタスを望む方にはアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードがおススメです。T&Eサービスは国内外とも充実しています。とくに国外でのT&Eサービスは国内発行クレジットカードNo.1です。なお、T&Eサービスの優待対象は、高級店舗がメインです。アメリカン・エキスプレスは、国内のJCB加盟店でも使えます。
アメリカン・エキスプレス・カード徹底解説はこちら≫






3.三井住友VISAゴールドカード
国内外で使いたい、年間利用200万円以上にはならないという方には、三井住友VISAゴールドカードはおススメです。年会費優遇制度を活用すると、三井住友VISAゴールドカードの年会費は実質4,200円!わずかな年会費で充実のゴールドサービスと国内VISAゴールドNo.1のステイタスカードを得ることができます。
三井住友VISAゴールドカード徹底解説はこちら≫




4.シティ ゴールドカード
国内外で、アメリカン・エキスプレス・グリーン・カードとほぼ同一水準のステイタスを誇るシティ ゴールドカードは、国内外で使えるT&Eサービスを備えています。海外でのT&Eサービスの充実度は、アメリカン・エキスプレスに次ぎ、国内でのT&Eサービスの充実度はNo.1、JCBゴールドを上回るほどです。国内T&Eサービスの優待対象は、高級店舗のみならず、大衆向け施設も含まれています。
シティ ゴールドカード徹底解説はこちら≫




5.ダイナースクラブカード
国内外でアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードと同等レベルのステイタスを誇ります。T&Eサービスも国内外ともに充実しています。国内T&Eサービスの優待対象は、高級店舗のみならず、大衆向け施設も含まれています。とくに空港ラウンジサービスとグルメサービスの充実度はダントツです。また、ビジネスをサポートする特典やプラチナ級サービスも多く備えるなど、エグゼクティブ仕様の高級カードといえます。
ダイナースクラブカード詳細解説はこちら≫




6.セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード
ステイタス面では、上記の銀行系ゴールドカードに若干劣りますが、アメリカン・エキスプレス・プロパー系のデザインにリニューアルしたことで、ステイタスは高い部類に属します。
ポイント還元率(国内利用分0.75%、海外利用分1.0%)は、主だったゴールドカードの中では、(年間利用額100万円以上の場合の)JCBゴールドと並んで、もっとも高い還元率です。
セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードの画期的な長所は、最強ネットモール「永久不滅ドットコム」利用対象であることと、SAISON MILE CLUBに登録すると、JALマイルが、カード利用2,000円につき22マイル貯まること、すなわち、JALカードに勝るJALマイル獲得率を誇ることになります。
セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード徹底解説はこちら≫



上記ゴールドカードを含む人気ゴールドカード徹底比較はこちら≫
posted by カード比較の達人 at 10:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ゴールドカード業界の動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。