2008年07月29日

MUFGゴールドアメリカンエキスプレスの実力は?

昨年来、三菱UFJニコスが市場投入すると発表していたアメリカン・エキスプレス提携カードが、ついに7月16日に「MUFGゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード」として誕生しました。

MUFGゴールドアメックスの年会費は21,000円、世界500ヶ所以上の空港ラウンジが使える「プライオリティ・パス」への無料入会特典や、海外コンシェルジュサービスなど、プラチナクラスの特典を付帯したサービスをアピールしています。

ただし、あくまでも「ゴールド・アメックス」という位置づけですから、《セゾン》プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードのようなアメックスのプラチナ優待特典はついていません。コストパフォーマンスから言えば、セゾン・プラチナ・アメックスの方が上ではないかと思われます。

※コンシェルジュサービスに関しては、MUFGゴールドアメリカン・エキスプレスの方が、《セゾン》プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードよりも上のようです。詳細はMUFGゴールドアメックス v.s. 《セゾン》プラチナ・アメックス

それでも、MUFGカードは、金融グループ最大手の三菱東京UFJグループの次期主力カードブランドであるだけに、三菱東京UFJ銀行の優良顧客対象に強力な売込みをかけてくるでしょうし、MUFGゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードのステータス性はかなり高くなると予想されます。

サービス内容および年会費から見たライバルカードとしては、アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード(年会費27,300円)、《セゾン》ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード(年会費10,500円)、《セゾン》プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード(年会費21,000円)およびGE Moneyゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード(年会費12,600円)などが挙げられます。

上記アメックスカードの付帯保険やポイントプログラム、各種優待特典などのサービスを詳細比較してみました。詳しくは、MUFGゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードの詳細ページへ>>

↓当サイト限定!ギフトカード1,000円分がもらえるタイアップキャンペーン実施中↓

MUFGカードのアメリカン・エキスプレス提携カードの新ラインアップ
posted by カード比較の達人 at 05:11| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカン・エキスプレス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。